京都おすすめ散歩道

京都のお散歩コースを定番から穴場までご紹介

嵐山の開運神社 車折神社

https://lh3.googleusercontent.com/dGay8ImzOMcXzB_mDzEoaRdX-VwZ8Ue6QxlwWdauyJLI-Pv_6QOjAoV1yPfCaHE1h9ZV49PKgAchkplyNaQRgm-urAP-5NsRQJlzCpEbyv6vDwN-4hKIt8s6W9rB0HFmOp_OikSVEv1ALImJnePb9OjqEpQnhbEEgGAQNHIc2BS46iov7Qap6XrUnFpMHxaZi1IJNMtWgT-GhzU5_yzQUradf5tvSH-wVPdvBhB9izHRhsnOQcAKY7H21h8BkOjGHqI8Ko_lVewr3lVVjedL_oFILe_9mryvkQiJLVIECaiMjHEm4zvK_IJpQILDWiAaDHdlEm56ECtj0EVxYcGL2_oDIh2WzPm1ffTSM9ZETpwjG4Y2h3AO45V2cHIWmvpn6RSD9YSPEUAp_UfvVKVHaY5dHyaFG8hMucGY4PpLGWUsF-OoC_JJkCcwpIxq-bpASApsQIRxt6orD9hT2QrDbBchuAo-74sYpD9vfpJGMy8uB3EMWyTxyL7wBVBAXw4U9t94yu0c0TxV7ZCE92eQEj6_93GuUPkA-L_skxjYbR58DjZdIAASnIduWgQnjYWUdiSNH4oL21Adfl868o43OLrECLf5sh8K000UBU99_3nVc879LSajERIN5H-t1tGFZtjXNolJc6Krti9N0ffeCU7d60AIm5CUcCdORc-cSdv4nC_8eq0jkRsdtosg5pAtYKAz0NAX_fzzJuOqtXSF1zLK8Q=w2496-h1404-no?authuser=0

 

多くの芸能人が参拝し、有名な芸能人の名前を記した玉垣がたくさんある芸能神社もこの車折神社末社です。

仕事でミスが続いた時、プライベートで上手くいかない時、体調が悪い時など「この頃何となくついてないなあ…」という時、私は神社へお参りに行きます。京都はとにかく神社仏閣が多いので、10分も歩けば神社があるという人が多いのではないかと思います。掃き清められた境内、大きくどっしりとした木々、静かで清浄な空気…特に信仰心が篤いわけではない私でも、神社にお参りするだけでスッキリと気分がリセットされ、明日からまた頑張ろう、と思えるから不思議です。

そして今回の車折神社こそ、京都でも随一の開運パワースポットなんだそうです。

小さな神社ですが、たくさんの末社が立ちならび、お参りするといいことが沢山あるかもしれませんよ。

車折神社の場所

https://goo.gl/maps/coJrx7GWQq8spf88A

車折神社への行き方

 

今回のスタートはJR嵯峨嵐山駅。北側の階段を下りて、住宅街を東へ向かいます。

 

5分ほど東へ歩くと、早速小さな神社が。若宮神社です。詳しい歴史などはわかりませんが、掃除が行き届き、地元の方に大切にされているようです。

https://lh3.googleusercontent.com/drlVMxjdmTeKHBHT-jkHsMUCwoM0VdGPLrE4-8Ec240wzw3ZCFm_qQH8h4I_DDw6qFjclfSIEVKRqWCaW8fVAfhCg7WucagcemG3IpgtbIM4mwygYTEf301OVoP891LOTq_mjWC5EicQ_Q2ywUrOeBvEXNBG9Fa6u6-EaqFWoncfTK-F941SnvqLWXzVbZPIpzHcvGHmJj9gajy-0m2GvVDizQAVO-58bVh1BZD3ntzS-4tPFQz2Ljikgp0WjRQ_iPrvkVpmpkI3PNrCxaGO9DFAdzrWBTYDtsBAVwp7hEMf2dIGq-sWqll5S1Imhz8JW3N9GqSexYqmPSvXQdJ5V2yN3d-PIIGVWh1vOQfZwDcsd26sFahYsIyPo4DfpPGkJKrsuCwvX7ETDALw-cIrZMbRsxp3kA6K5ODn9Z9sTWgTaC62EypjD4ZJfO3JysUFn-KW_M3rqkB3dbm04BLoaHSLG0mLW6p1q12CgKiDr7ItuZfeKcpaP4nnoH3BM6uFQa3_8auGi61O7GpaU4QJSAPRRJuIL0d_IpgeYMyCXLxGHiFAORxEmQYofnv35bpE2EboCzZTqLMnuccWXuO3ig-AOZbKv_G9XuKLXUMDrBhOZkgX9chAjWrEOF1hE2fWpDb-bz5_-b85FPQwhgxe4VUebIhHZt8hyqMUqrr7UxTc9n90DfyDr7GR6HyAXR_djVPs9QjMkFllEpOQ9k1DtnZtbg=w816-h1451-no?authuser=0

更に東へ進みます。

5分ほど歩くとまた小さな祠が。今度はお地蔵さんです。油掛地蔵と言い文字通り「油」をかけて祈願をするお地蔵さんです。 

https://lh3.googleusercontent.com/wBsQIRuu8pU5nZ2ivwq5cDxYRr4Ls3VIJ-pyh8C5G6-u1FqFd54F0onabExU2gKs1T7uRVss4x2Iie4XZgKa129PUyyKkJgWBQ0t3gNK3Vvfa3ytXRL5Cci40B1rOnLhfc3pK7eIHXaXf5T9IMLchKVrfoocbyomxtmF1YVR5L7vVDJC_TcunFv9700t0WKwbZsebgMLF8fvwYyU9l8-QgmBlZvaro5PG19bt5aH4WkjcTfvjSF9kbpKt6-98s1aHoQ6yZm3sJFBJaVdZDibYMZblm4UEHMXLZX7_AWFXisD9gtrtUFgEol1TZMSfSSJpQP9AR9QZFylCJ0o5OtDI7aoRwzj7yAMF6I1nAq9zSbDrwL9u-CNrKQLSkUTQH4EiBTGq5Ly7M8IHKwgwxtJXsis7o--kCnFMIoCb3sXTvpjWp_uQr-6lLtzEyfUYrXXF8Ml5uz-25Egb5fuTYb9KMZckBOBifRiImfcv0ZNUYovTVQJPLPqJFvp38ckUi3i7vKUZVj2Qk8dhe-MdIO3limfV0ck-K1gcvk3Zb5DlLR-yvbqnkqAuQBahcfj7SC8laPW-S2ZW5vPDNICwHrBN08d-zXfJCRFtNpicwafHJsnO-TZb5pDM2kipuCFaWfMMaAOqvezWRalNLyDDtJDWogFSTotHzWzBfcN6TPAYH1I6ZJNG2lK3TXXBOuL-T_0vr9glhNMJU5GgQbY-rAMZxeA4Q=w2496-h1404-no?authuser=0

油掛地蔵の横には自治会の集会所のようで、その脇にはテーブルと椅子もあり、近所のお年寄りの憩いの場になっていました。

「油」を掛けるという風習はいつごろから始まったのか定かではありませんが、江戸時代の油商人はこの前を通るときには必ず「油」を掛けたという記述が残っています。

長年「油」を掛けられて真っ黒に黒光りしており、真っ黒い油の層で素性が分からず「大日如来像」だと思われていたそうです。

https://lh3.googleusercontent.com/0caZ9kCgbXYB26yncUC478gD9RRqvKw0MA8ttEZGtZIs_PpKBzHu-wc8M-FBnrRpZM0QAb7g0ZjQtN-50ghqkdht_TmQ3Vpr6rXweZNnLd5PR6k6fJ9yqEn8lKYd3AZhWJnjRqQ1p98oDkS0FLg7dq3OUbHH5n9RRm24HjqtTRkBvDLsaJ_KrkX6s2zZxUEQcVBoqF1_UBuOaaI2SXcx5_BKAtzycY_l4F5ZFKtrltnL2wrIiV7vLFhk4bU4BTEumwyhwNZGyNtKMtv0H_LkjEuFq8tgurRSz00nUSUCP2s3dbW0BsJJ5vT9itBfd3P8U6lbhSiozv29hooJl1Kw3ijWUBFpmYiuxhv6C6LEWp0MjgsRimylBtCmnQzS9FjXxkwP8iPELbwPT82lCMOyO_T009__AHJa6AXhRRAt_ZLJIRAzEGMrllTlbiwBbbwUL8udFmGtsd7u37HLj1smqtSYyjrL0043Rj-iakq08YJb212TFUWnCVGgPbUe23bBL1FSc4QhFYAe_qdf7xUMB9UmLEvH0Yp30IkrdvHH9kTVKhdObPYGNsBB7Vv7ZMwOdPM83zM-HClYmJGjRaMqUYqpC3sPFN97wlm9YzBQxdR7ewwsLgOM7kV0y-CaH88EIW8OAgV3AgBpNaFq4htg8GzLiqIAaqgXuRUXCZOPeM3mm3X4QilyFaS4u7-ziGMYYcYIgtpvCVkDFbeVv9HmKOO0bg=w403-h227-no?authuser=0

 お堂に掲げられた額に「油掛 大日如来地蔵尊 御詠歌」と書かれています。

ところが昭和53年(1978年)の調査で「阿弥陀如来坐像」であることがわかりました。そして延慶3年(1310年)願主「平重行」により「阿弥陀三尊」として安置されたことがわかりました。なんと鎌倉時代から存在しているとても古い石像なのです。京都には鎌倉時代の石像は、この他に2体しかなくどちらも重要文化財などに指定されており、「油掛地蔵」もとても貴重な文化財なんだそうです。

住宅街にさりげなく佇むお地蔵さんが、そんなに古くから庶民に親しまれて大事にされていたんですね。

さて、油掛地蔵を後にして、更に有栖川沿いを東へ進みます。

https://lh3.googleusercontent.com/g1TlgrzSNjqpIvQIoEgo4hR1p4y0cpCSlo8eHyp0fzVxk1vv4b8XFKPLQZjHQJjbDsvpFs2W5HMAQLOXbGNJgyGnfm3pcVhAdBr9_yKQusxp4GNGZ2SsqlawRlp6MjCzUd1W7BJfuVBqE-4gl6kzqYSIYPeJ4wTx40477NUj2Wzk_BzHr8od3m3OMoXCZVb9rxSTpamvJNlTz_HN0O49mOPuLJ_HQbZEPa_GeGfiN6rsgbNuMIl8HGVph70YXLNHJenTwvP3oserFbvmR8jToktfqhUtQbreWy30Clju_HjG8iUzm_kjPsSX2Aw_6z6SwOVTxPWY8Df1lyfzqRibyb2CRgI_GICWE4ngPDTvTIg7gaJQ-Bgof72y5DpBOd1hUGkxPvFpotSZjvVzpn-qUokCpipUI7M5KETMLhcfXOj6UaVRWPMDlYvlX8jSRw9ga3etaB37DingMD54PvZNgfJ7_JTHyxoPrBt4bl1Agwi15y6rOepeNl3s35l0kWtJhWiZnI5KvyGMra5fPj6qz7cxv6dHlz10v607NSeJ-HodCXaGHUCz6L9Cu9borYWuhDiJA_ypA_LXsOQwCFEjLbJw_mfNqsyw7pIYI3u2ZNCE_W-VAlIV-2RUl0wgAcuoDkvSMSz_YEKL8puEG8pW7M2xow_2iUMtN5H-DNiyH6GMBF-Kd9Z29OwgnwVVBl1CqE-uSJZEr05oWayM4rln35qeww=w2496-h1404-no?authuser=0

佐藤ふとん店の角を南に進み、

https://lh3.googleusercontent.com/enayIrCAxOktrluPkSH30LVC1STKr6HoCmNlwp8vM7CW5In9uL97eG5way2_4iQMW3TSNVUttWsij7BT60EUTXlpD3luskf9yrI4bqB5CKA5QvXT3vfezdgXhXNDMGwOVndWZwaw7a5CrEcEL0bSA5PI7MXd3ORfqF22c6q_bmQF5AVLJyfyGBNcUXk_JcIzSvxsMfZgh2IUpRJqfJikm6Oiz7geNJ7eDhb6ACWLTjxLheQhYOZEvjUd5GUwAYn7hy30QSItFMZhsAKyD_hxUdsrNJF4NXBr9ptj2qswz0Pgl0W-swDkZJDZ41ygpqVQTVu7ZSHsvvq5LcWzOU9gSp6Q95iEfAQrfOGxlogy_7CZaW9jg71hheCv79VAHA97F4et42Mpy_G0_421HxpTlHEvDQH-D9xcIZCqBAYZbIQ-9riYyzVTag74EOxQloXoQqkIolPE5j-k67HK7ODtBLbGsBVFQS4nsKUfHPwOXmKXUZ2bUrqOIFth_0fPjh13eXWUZfe125xfkOIz09zXtjSIyYx3FNL576btJARcuexnSLQHt0rv6UkT_jPU_pwIGOlVLS4p2S7evUZz1_rbp1my-oBF2IhZWrCB_G5pzYWe2YYlbkN6ngtlQYRZ-chNQitNfGvcIamzO1UCyTXcIHWt8Kmxx0ktAIb1m7BWMOhmm7l7bZkxHHQ4a3vvrrqwQBiFOReEPcYxoChdeMl3cQXFng=w2496-h1404-no?authuser=0

道が二手に分かれている所を左手に進みます。

https://lh3.googleusercontent.com/oXirgN9vNqC7PAxxaXsA4jO9N7s1bf3qpDdjZosoT2-e8Su2vVYZU-ZqzxdIXCSeu35MxeIG_DV0viaNtnmFz3McseWtHOqLE2EvhJMe0B5G6RtIE7OAGsgbXpG03x9NbMMHUYL-sAodkLRNoaHqRKU2EjcbgLZpqY3w7BmUSwa-OnKuKrP1JeENdGdMYF7FQHR8VHZdwnE1d-0dGqn5OpK_X4dY9t1mwTV2ACh4mY8f-5mOQzXFLSCaR1QlieIj-sdnCUj96QGSrJDfx_j7rl2k_W2rePaIMlLnG1vnQxNn_CSAaKUOpspEVlWjkWYOfJWXq7mCzv8m-D2U6v90-Ox60LYDUy6wz6BY_vP0zEZfhL3ipfyUuQl_LBLNTbb0vdHXGPdJ7y8rDo8r4BtTtVX1G63dCukfr2L-ej-m84pLH9GSS4HwVOL4EHpLND8xGiRTp15TorYumFpWkNEDbfhM5HUa2K4w94YDM_8GidIVTx4tDrTdyWAq-7sMnt2oCVCg7nj-42jBPXaaycflp05F33Z7LZj_hCfZBPrgKRXFh4MhxgZek5Rk00UCQYEsvzeo1f5pQWwQWQqiRbEC1WTAji3G9DJP0PqzHl50OUe_Ey5y0mok_wsVw3xUOxN2jRINkNfEhCXKkjuq3V5vBTJIHKGF6vAoJTql6rcRhaapgWG_4iP9MSbljqsjSZLU5fj5__CqQxiVBd6aihEc_oO3Rw=w2496-h1404-no?authuser=0

また二手に分かれた所を南へ進み、突き当りを東へ

https://lh3.googleusercontent.com/jWv6V8k6WM711-AXN3iKTaTOOB8cbUDNhUYCqrxaR5qORYnZqhH0AJw2uJv_837Zh4ZPyUUP5u-QUExq3HhBuY33Hxv8g8JlMMWR-SiRQLzLsiKDc7HbNBzpFKKlznAMMqM2XCYtQTI5qp8t4KmVhxfTvHb9-Nusp2QeyxK9kVoNJd-sZIak2s0vnQq1zickJxCDMYH8lCOg-HNnl_wjLluhspapsVA_rDLd5_jaVyZCkzvkvb1PtTkV30P4a-771vuiH42ULQtF0TsvgIeB9R4gnoYkvNcO-8NJ0DTgrwfTwV_Rh03JFhqva8YuO_rXQz5_DhS2JZ7KY17-LWIZ7L5MEupo5_u612Sbd0BQR8yef0NKCQZ54r71Vc0qmAqrtI64LQaV7GFDHIB-T6Vnn7JNDgwMp5glsby3-4DZt84LNz7OeBxASfwAO_0lg3hWEbgFq7JVlZzTre6LBxeSZyU7xOk26_86BsMopLRJaPAbouAVgtzvK_7mU-CBPA5lsEIhNqq3yQq7ydzweSzHl0fjedsDEem8scPMtrJyZDBbZ07-R-gODkHzEz-z5NfUhDLGGO-Yg9iUdDnU1WsSgtrg6r3RIU0OlVKGfPO73JYjQdjI8KpKZfhVYmx1FHRg-MCVrLkW_9beAdjzsGlWE3DU7zKx-8ioj_HHNBE6NUHKDadz96-LKTnN0bQ1i3Eg3fzudNKCsGMrhq-lTnstbsriQw=w2496-h1404-no?authuser=0

右手にJRの線路の高架が見えるのでその下をくぐりさらに南へ

https://lh3.googleusercontent.com/X3Q6eikPbFjn-h7U5J5F05GOI1GmS9fN4LZ9fCu76Nqd5Fo5oDAR1YXMfo3jdrlz_XPphGcR7WqgoMIMsRm22dOfVFSaUguUF4hFq2jd2vnSajl01XlZ_5znGuKoWGRBTVOTAYKEgtAvAHoNiHRIUT_EGvdl-lynXJbNLHYl9vHA9lyAEKlIDeGsC9C7pySuoef_hNL2gP2KfGuytW0Ax8jSuZoMRHF0OQiHBwGs0j-aP5Ar9a5hFya2DqzvEOI-G9ZM3SszyVHUKtlzpAGS8Ha4iinYdV5buLAMxed7IYBiSWpRI9jBIRP_1wFnIF-3-zCDhqus7fHGH5-NP4REXANQj4AseWEp-tbLay_PqG3cflVn19XY6yNOUtT7KKJVWugQ6Bezqk5gxYBzcat2xdW3-TWDYyc_zwz3Cp8p2kaer8HKAeP76u5eR9_u1kOoQBY5TsqKM9w4eSPZvm5an39JVuTBMEYJ0IPUkLEKFvZQpRL8ZZKlOe65tVJtkVewni5y3mchuuUIcurmgdz3NOyQoH6_30BBSn_r_PMWpdcsnqOORB7_5izsgnFcPrr7TPLeIivRkK7wJ8ni5Lm9AySd7Kiul3DLcTa9xjLud1UQYL9x9Glopk5Tgah3WECvPBeT9nypT7pnUtwwGzVlz6E7-5uUmYSzvTAvN-SaCwfbqQCMavUsOjwRmn_x1SIM8uisJIcYk6jTfS92djV5Is5APQ=w2496-h1404-no?authuser=0

道の向こうに京福電車の踏切が見えるのでそちらへ進みます。

https://lh3.googleusercontent.com/L-tbXPCKsUwGEq3Uv5RJpzSUvklsBvwuKWgP83aNAgu-3MhyVH7xDP0xJRq9U9tpcsNshJw462lHP5IXim5N7NAp9UjNvNvX1PaxVJ9tWOjmA97LZQnrYL3k6cCXc_lPghvfWVA7LW-Cz-Y7cvROFzVhF-pDrArMdg6I6b2p6Ah-NnVeolxF8qSco7M-sxAL4TGl8GGjYP8kV46S4-s0I-Pw56HcZ8JgTj7rNpLWdB4SV81CjzbmB5tEjbqpYKBjbIcbktf8ui6kCoURS3SMgbNAfB5zuCb5BFOCc1xfaYj_MDY7ITRGkRj-FOeFWPuFKR_ABZ90Aw4xsyHXqgP-qi7ZFDMWjkeGbpwhHuUvMuNkHG-oqG3oNLGiaYL_ceRD3Usmlr37UdZH4Kb4Y5fWFKQyHsLz_JkrPpqnDmRwZGcWizpoW4z1dcxyBovNZOlnmp6CtoAvSgTvut_zpH37huLbeESirrvumB2h8TYK5BX36dGU9RCUEAtfB5spHACImyJaGy8CSTkN9utBUSw2IQeVfAIghAacJoeEnpK3JL_QJyhFeGjUVbQcEaN3pDHGLe3_QUxHlLMmivNPGm5qTR7vOSvjkqlzALY4hOOwc4OK9o4lSfRJrnbBtGAKoTxitgMpZlyXdBjnwvwqUZhwPSNwUMzFruDr-WwG8HIqUY-1M9YQ65IvuAEcUklSpglCT-iy4V_f4iQMRd9nzpEPIE0-JA=w2496-h1404-no?authuser=0

https://lh3.googleusercontent.com/psRXvlggVS8cFOpYSzY3fQFBxdXUIuk60mTvuu-CNFzRQ3YoICNg5y5eChv-8ZLLuDxYdVoR5vhdIxDXok4ZnnaiKPQPiUqoPClc218WBX6AugjlDxKQRv28diaI9P55zv1OQymTpNWuwQeca-IyundZVk7Mj33WPyxzVluIw3fwyXOTSptw9oPvKTXDgBJTv4Fcpo_r4-xIzWgRNj0fzn1RHaEu8hk7NHL0ooq7_yjckYbC3fDNUMbNlwkMLE_Nla3A8BghyxREjOTzFx8cm9FpwgF1IdRtISf0N6sWv1FDUfOjdby768oJ7a1LjQ2yxMyajifcGBk8gKBbI30X4mrdKtnUnBmXE8eqonzXNIvIbfLPhTYMthmOjH36nmxS-dNvVza0lEjx7ZZ4Crh1DJ1x1iif9mgVTDmhvqpik3plhKiS-pH8o2sAZ2E2FE-nCONNibjpleiaFoOCC455d6S2uwaG1BM9-1guBG8dRy4HnMTTO5MVt0xKTH7mU9XOfzEpF7aUf6EstAz1Rth3s7MH4gEHQa-TjakhePOL6LVEiIZqTPVNdUakJiq-C9R9MxgCBoDZleEP31iVKIOM1UMP4gDLJZGFkHVUZw0VgsK6YFNEEI8zpPOSQJOjM0VT0dXlTxrw5yIDKaEQZ-VQhn4SOUvv33XUq0KvHPOXo88NCTJruRnq5wDFD_HHt6lz0po0jtA9Wk_T9_iDcAMiPq4JIw=w2496-h1404-no?authuser=0

車折神社駅です。目的の車折神社は駅の目の前です。

https://lh3.googleusercontent.com/-BwGAsWkuvfZKJb26a2yIMmCXBT6Z9HoXLcwVg5XWgW9ebTu2lG_7KB65YDZJ49VUB5_44xLJBP1YQrlatTKecsyWlmo-EK5iL0U1nolDFfcvHX6NBJrDsta4M3IPbaE7Bs2POv5BJvUpS83n84l2tXVwuSi8dM2bfwdXh3HkDJ3-xCga9xy0Co9v0bgY2T1B8VFXfuKCMDd1ii2aJ2KqyMZW2FB1wkGvN-doKzYi3byPyiOZcXuPsqdFo-g2OlP4lpujNtrnbXOIQeEc9bgjqdHwXOHmCCllKeScVASpXD-rwv2TALTHHgLuSnKK9v52VI5-dF9A8uowdtn_LKCZEu_NCITVa1h-84PKWjSYFwVa0F9uoAe-n-Hlwdoh_kumoEsrglrA_hv6EBQEMj8INhmPaCdBtHOpswUSg8Zo-6E4TVtsdrh0lcLUOjhrD1pgO6-4niOZtUj88gTmfG1P5_xFG59fvT8SzwstFNTeV-W9mJXsubDONLxdxgj9XkYRyRsNm7N6D_SWEWDLXFZ-S3IqQYvPYAcYMB158x4id7wJjD_pOofz38xfGzRcYs7nqQgsYm2WWEpTtDlVmtQiGgOUqTguT0Ac74Mj4KmSK99tdY60_UJnQ8dnho_9mEFNJmQ5QfouEeMcB1e8p_PrRi6HZruF4z6cNwiOIqxfzNwBi5RJr4Gh0bOODgU8iKXbffPHNns7eGrNYMh29uDX1msiw=w2496-h1404-no?authuser=0

車折神社駅から三条通りへ行く時、地元の方はこの神社を通り抜けて行く方が多いです。こちらから入る通りは裏参道になります。表参道は三条通側から入ります。

https://lh3.googleusercontent.com/sXETkZd78SKqi0gyNwq8O1bHvsFmwPNhgw1C3w6HF43nLUXEUje4_-mG7zIOgE0iZM3Oqp5mHwY404rbWIwgItCthOwY_k7aBT4gTMnIxZQ7bby5zPH5IXs5v_39e-euLkVL6Au0LFDHv8x8nflTmO-aVGqCe8-sD9P4Qs6Bh3HaT6XfQ9NcHIlAEbCPsAq9eC_pI-jBpH3POXTfcfFiei_75tQi5xRO3zm5UFcVe6lEFZMF_iSYfK3Yq_hLYjnVygyaZKRFjlRKGWJz3l7Qfh_RPqqXXk6GucCEujYFniHYnGsmRQbCzWGsMaAr1eANSph3rgA5kzQCchw-lNBT4KWQDVJKBA1evSx2SQ5EcSZGHk1e2kM6Bfmqffsn5mmwTzv0UiYz4g1EScwyW8ZkXxVEeJpwgqLUg81T4iCMD2m4KpThgpesSQGrTi2e9SChMGf0oU-Eaj25pb8tteVUyyNAkdvZEaJvy0o2MIqvDhyFsBX4VCM6tKp0aO1-P9lAsU9XoWgCWMgSRjKQF4elFVJroeXLi343RIiWZHrLxxOOEjvzBKNGCE8AVxVWPxLriJRHtCqj5aLFZu9Q9OP_H5Tn7JqTBl8DKVQ-enD4EG3A1UnCrXWGEcA3PVF-1bU7PpyHFhOD9TETebFYvTieyYleWtgNdQgJ23FMuFu9txh-le7c3MlK6F8tJxqfIZjUK6Hy2h-ncqAlRXhRbb57_t5UOw=w2496-h1404-no?authuser=0

裏参道を進むと左手に弁天神社が。

https://lh3.googleusercontent.com/X7cBeRJfQU1PhgffBFj7tLp9BEmaHuJ96Fxejwb7tNXBzIthunJaz1RhWugsgwvNO87kdv7RRrRgodu0QLX7T7Jr6QGueygGv_zMlxEAxO2HBzh54iPKWn3zDi5m2Z2KuWhRMiuiu95HRqHV-djtaPDmBQp6M79EkQzupyLXZ4NjzmMpR5QUTFml1yY6HbyMQkj1hsX1_zXebU8p__ITgRMTOnZxuQAee_RXsLQ6vkSYwX8AcSlkmcrts0IcYwQZUnRiMXp71owWda2r0K28OIZslBjE_9-Clqodg4HdAOlHb2lFaFvjj2FJ04eASeUeA_YP_ScDgomiF7KEg5S-2X4z9EwiAjK1V7vMXMm00IQOpWUfGMTH_R9AreNRdoc_iY7QyPBDNSuhuwLrCTirb_qwZEHNfn-70--ETh9gVMuk27svyBhPGXHnyNxpmkXTz2XdoXWvlXeS9qVy-O5g-ppEyxazag3m5M3Atn8fQuxUfeg-dYcevuxOX_YQj51LKJjgBbb6NEW6xaV3t6H-6s0xQlhSmyGffvk68nq2cw8zarmWMaGDVF-FhKpnMxBP3tNCWtAgLxWadYn89RnsDDr3eebP5ck30iJcVpwO805C4kHeH14UIiJjLckpN9xVBkWLRVWrG_s_2TtKib6HMNsZekcxHuYrkKdG1aXGFqKd8JZNhXJy2x3z3po3ABBpYDFpzMIsASfoGcjgBM6uYgNBIg=w2496-h1404-no?authuser=0

弁天様は「金銀財宝」や「幸福」をお授け下さる女神様だそうです。

清めの社。清めの社のご神力(パワー)により、車折神社の境内全体は「悪運・悪因縁の浄化」「災厄消除」のご神力が充満しており、全国から厄除け、八方除けのご祈祷を受けに来られるそうです。

おすすめの参拝手順の看板がありました。

車折神社」の社名は、後嵯峨天皇が嵐山に遊行された際に、社前で牛車の轅(ながえ)が折れ、動かなくなったことから、ご神威を畏れ、門前右側の石を「車折石」(くるまざきいし)と呼んで「正一位車折大明神」の神号を贈られたことに由来するそうです。そのため、車折神社では「石」に対する信仰が篤く、「清めの社」や、神主がお祓いをした石が入ったお守り「祈念神石(きねんしんせき)」は古来より信仰を集めているそうです。

天満天神社(あらみつあまつかみのやしろ)雷除け、農業、園芸の守護神だそうです。

神明神社。本殿に行くまでに三つもお社がありますね。

こちらが社務所。お守りの購入やご祈祷の申し込みが出来ます。

車折神社の案内板がありました。

案内板によると、車折神社のご祭神は清原頼業で、彼は学問で有名は広澄流清原氏の出で、自身も平安時代後期の著名な漢学者・儒学者だったそうです。

彼の学徳により学業成就や試験合格はもとより、特に「約束を違えないこと」をお守りくださる霊験あらたかな神様だそうです。そのため商売繫盛、金運向上、家内安全、良縁成就など様々なご利益があり、全国からお参りする人が絶えないのだそうです。

さて、本殿へお参りしましょう。

お参りした後、後ろを振り返ると、たくさんの石が積まれています。

これらの石は祈念神石により願い事が成就した方がお礼として納めたものです。

本殿をお参りした後、本殿の奥にある八百万神社へ向かいます。

狛犬の前を通り過ぎ、突き当りを左へ曲がると

本殿の真裏に八百万神社があります。

津々浦々におられる八百万の神々にあやかり、「人脈拡大」のご利益があるそうです。

本殿をお参りした後、参道を南へ進むと表参道へ出ます。が、この三条通から表参道を北上して突き当たる大鳥居は通り抜けられないので、お参りの際は、先ほど私がしたように参道を右に回り社務所の前の本殿入口からお入りください。

車折神社の境内には、そのほかにも「清少納言社」や「大国主神社」「水神社」などもありますが、何といっても「芸能神社」が有名です。

芸能神社はその名の通り芸能にご利益がある社で「天宇受売命(あめのうずめのみこと)」という女性の神様がまつられています。

日本神話によると、天照大神(あまてらすおおみかみ)が岩戸に隠れてしまい、この世が真っ暗になった時、岩戸の前で舞を演じたのが天宇受売命で、その舞に惹かれた天照大神が岩戸から出てこられ、この世に光が戻ったといわれています。このことから、天宇受売命は芸能の祖神といわれており、芸の上達を願う人たちが訪れるようになったそうです。

境内には参拝した芸能人の名前が記された「玉垣(たまがき)」が」あり、2000枚以上も奉納されているそうです。

玉垣に記された芸能人の名前をたどっていくだけでも、なかなか楽しめます。お目当ての芸能人の名前を探して写真を撮っているファンの方の姿もよく見かけられます。

こちらが、三条通側から入る表参道入口です。ここから南へ向かうとバス停があります。

 

私は、車折神社イコール芸能神社だと思っていましたが、芸能神社は数ある末社のうちの一つに過ぎないのですね。もちろん車折神社末社の中で、この芸能神社が一番有名だとは思いますが、それだけでなく車折神社自体が様々なご利益のある、京都でも有数のパワースポットであることは、今回この神社のことを調べてみて初めて知りました。

神社をお参りするというのは、もちろんそのご祭神の霊験にあやかるという意味合いもあるでしょう。でもそれだけではなく、静かで清々しい境内の空気にふれ、神様に向かって手を合わせ、素直に自分の心と向き合うことで、様々な悩みや雑念が取り払われ、新しい気持ちで事に当たれるようになるということなのかな、と今回たくさんの末社にひとつひとつ手を合わせながら感じました。

嵐山へ観光に来られる際には、ぜひ車折神社へも足を伸ばしてみてはいかがですか?

今回はJR嵯峨嵐山駅から若宮神社~油掛地蔵も巡り、車折神社もお参りし、小一時間ほどでした。

 

嵐山の断崖に建つ絶景寺院「大悲閣 千光寺」

f:id:yomurashamroch:20210417204150j:plain
嵐山の喧騒から離れ、渡月橋南端から1キロほど上流に行った山の上に嵐山の美しい自然を心ゆくまで堪能できる穴場中の穴場の絶景スポット、大悲閣千光寺があります。
観光客でごった返す嵐山の神社仏閣や竹林、お土産のショッピングも楽しいものですが、それらとは全く違った嵐山の自然の素晴らしさを味わえます。

大悲閣千光寺は、江戸時代の豪商、角倉了以(すみのくらりょうい)が、大堰川を開削する工事で亡くなった人々をとむらうために、嵯峨の清凉寺近くにあった千光寺を、移転し建立させたものです。源信の作といわれる千手観音菩薩を本尊としています。境内にある大悲閣は、大堰川の切り立った岩肌に建つ観音堂で、嵐峡の絶景を眺める事ができます。

大悲閣 千光寺の場所
大悲閣千光寺
075-861-2913
https://maps.app.goo.gl/83HG2kJTo17vCc7s9

京福電気鉄道嵐山駅より徒歩19分
JR嵯峨嵐山駅より徒歩27分
阪急嵐山駅より徒歩20分

今日のスタートは京福電気鉄道嵐山駅。
まん延防止等重点措置が適用された京都は、春休みも終わって観光客が激減しました。
京福嵐山駅前も人陰はまばらです。
f:id:yomurashamroch:20210417212411j:plain

嵐山のメインストリート長辻通りも観光客はパラパラ程度。
f:id:yomurashamroch:20210417212454j:plain

渡月橋もほとんど人が歩いていません。
f:id:yomurashamroch:20210417212538j:plain

渡月橋を渡って、更に渡月小橋も渡り切って西へ曲がると、「大悲閣(千光寺)」の案内板が。
f:id:yomurashamroch:20210417212647j:plain

星のや京都への送迎屋形船の上り桟橋
f:id:yomurashamroch:20210417212722j:plain

屋形船で宿へ向かうなんて風流ですね~
そのまま進むと嵐山モンキーパークの入口です。
f:id:yomurashamroch:20210417212755j:plain

観光シーズンは、船の上でお食事が出来る観光船も、今は休業中。
f:id:yomurashamroch:20210417212827j:plain

川沿いの道を進むと「史跡名勝嵐山」の看板。
千年も前から嵐山の紅葉は王朝貴族に親しまれていたそうです。また嵐山が桜の名所として知られるようになったのは、後嵯峨上皇吉野山の桜を嵐山に移し植えられたことからだそうです。
f:id:yomurashamroch:20210417212901j:plain

千光寺への道中、英語での手作り案内板があります。コロナ以前は、日本人よりむしろ外国人観光客の方が訪れる人が多かったという千光寺。
秘境のような景色の素晴らしさ、海外の参拝客にオープンなご住職のお人柄もあり、海外の口コミサイトでじわじわと話題になっているのが理由だそうです。
f:id:yomurashamroch:20210417212936j:plain

奥へ進むほど、緑は濃く、静けさは増し、鳥の声と風にそよぐ木々のさざめきだけに包まれてゆきます。
f:id:yomurashamroch:20210417213024j:plain

嵐山の標高は382メートルとさほど高くはないものの、40度の急斜面。落石注意の看板があちこちに設置されているように、崖崩れも度々起こっているそうですので、天候の悪い時は近づかない方が良さそうです。
f:id:yomurashamroch:20210417213110j:plain

Great View(絶景)の看板も点在。
f:id:yomurashamroch:20210417213155j:plain

坂道を登って下ると、川岸が開けた場所に出ます。この静けさ、川の色の碧さに、心まで透明になりそうです。
f:id:yomurashamroch:20210417215416j:plain
f:id:yomurashamroch:20210417215454j:plain
f:id:yomurashamroch:20210417213339j:plain

川沿いの道の終着点に「星のや京都」の門があります。そのすぐ隣に、大悲閣千光寺の入口があります。さっそく上がっていきましょう。
f:id:yomurashamroch:20210417213413j:plain

ここにも絶景(GRAET VIEW)の看板が。入山料400円です。
f:id:yomurashamroch:20210417213450j:plain

入口の左手に、松尾芭蕉の句碑「花の山 二町のぼれば大悲閣」が。江戸時代も、嵐山は桜が綺麗だったんでしょうね。
f:id:yomurashamroch:20210417213533j:plain

ここからしばらくつづら折れの石段が続きます。
f:id:yomurashamroch:20210417213645j:plain
f:id:yomurashamroch:20210417213752j:plain

10分ほど上ると山門です。拝観料400円ですが、この奥の鐘は無料で撞けます。
f:id:yomurashamroch:20210417213833j:plain

鐘は一人三回まで撞けます。山に鐘の音が響き渡り、厳かな気分になります。
f:id:yomurashamroch:20210417213904j:plain

階段を上り切ると、断崖に小さな「清水の舞台」のような客殿が。この写真は大悲閣を向かい側から撮った写真です。
f:id:yomurashamroch:20210417214000j:plain

気さくと評判の住職は今日はご不在だったようで、女性のスタッフの方から拝観の受付と説明を受け、崖の上に立つ客殿の中へ。畳の部屋には様々な資料が並び、気に入った資料のコピーは自由に持ち帰って良いそうです。そして客殿の奥には嵐山の絶景が広がっています。
f:id:yomurashamroch:20210417214036j:plain

眼下には保津峡、桜の季節は終わり清々しい新緑の風景が広がります。
f:id:yomurashamroch:20210417214125j:plain

京都市街が一望できます。遠く霞んで見える山は比叡山。写真には写っていませんが、京都タワーまで見渡せました。京都は高い建物が少ないので、少し高い所に登るとどこからでも京都タワーが見えます。
f:id:yomurashamroch:20210417214207j:plain

客殿から周囲の緑を見渡していると、聞こえるのは鳥の鳴き声と風のそよぐ音だけ。ずっとここで聞いていたくなります。実際に、座禅を組んだり写経をしたり、座敷で昼寝をしたりして、一日中ここで過ごす人もいるそうです。
f:id:yomurashamroch:20210417214251j:plain

雑記帳がたくさん置いてありました。英語や中国語での記述もあり、外国人訪問客の多さを実感しました。去年はコロナ禍で学校が休校になった時期もあり、地元の小学生の記述も。皆さん、思い思いに楽しんでおられたようです。
f:id:yomurashamroch:20210417214323j:plain

ご本尊の千手観音の隣には、この千光寺を嵯峨野からこの地へ移した角倉了以像が。了以は晩年、この大悲閣で過ごしたそうです。
f:id:yomurashamroch:20210417214345j:plain

最後に、女性のスタッフの方からもう一度お話を伺いました。最近はコロナ禍の影響か、心に悩みを抱えた若い方の訪問も多いそうです。嵐山の雑踏とは全く別世界のような、ゆったり流れる時間を味わううちに、疲れた心を癒して帰って行かれるのかもしれませんね。
悩みのある方も無い方も、緑あふれる大悲閣千光寺で心洗われるひとときを過ごしてみませんか?

京福電気鉄道嵐山駅から徒歩の往復で2時間弱でした。
道中、石段や舗装されていない所もあるので、歩きやすい靴でお越し下さい。

「春の義理」を果たしに ~御室桜を愛でる~

f:id:yomurashamroch:20210409111602j:plain
観測史上最も早い開花と満開を記録した今年の桜。遅咲きで有名な御室 仁和寺の桜も満開との情報を得て、例年より一週間ほど早い御室桜を見に出掛けました。


仁和寺の場所
仁和寺
075-461-1155
https://maps.app.goo.gl/4zN7tyQiEj9UE3f89

京福京福電気鉄道 御室仁和寺駅から
徒歩約3分

JR嵯峨野線 花園駅から
徒歩15分

御室仁和寺駅の御室桜
今日のスタートは京福電気鉄道 御室仁和寺駅から。
レトロで小さな趣のある駅構内に、背の低い御室桜が彩りを添えています。
同駅構内にはシダレザクラがありましたが、数年前からの病害のため再生は難しいと判断され、2020年2月に仁和寺が「御室桜」を寄贈し新たに植樹、約1年後の3月31日に初めて開花したそうです。
f:id:yomurashamroch:20210409111811j:plain

もともと背の低い御室桜ですが、こちらはまだ子どものように可愛らしい姿。これから仁和寺内の桜のように成長し、更に艶やかに駅舎を彩る日が楽しみですね。

駅標もレトロ、「驛室御」と右書きです。


駅を降りて北方向に大きな二王門が見えます。
f:id:yomurashamroch:20210409112059j:plain


御室仁和寺と御室桜
仁和寺は仁和4年(888)に創建され、現在は真言宗御室派の総本山です。 平成6年には世界遺産に登録されました。
境内には江戸時代に建立された五重塔や二王門などが建ち並び、御室桜も同じ時期に植えられ、 当時と同じ姿を現在に伝えています。
f:id:yomurashamroch:20210409112256j:plain
f:id:yomurashamroch:20210409112403j:plain
f:id:yomurashamroch:20210409112527j:plain

現在仁和寺では御室花祭りを開催中(5月9日まで)
普段境内は拝観無料ですが、この期間は有料( 特別入山料:大人500円(御殿との共通券800円) 次世代への文化支援として高校生以下は無料)
御室桜は昨日まで満開のはずでしたが、今日行ってみると…

f:id:yomurashamroch:20210409112655j:plain
散り初め😢
桜は咲き出すと早いですよね…

御室桜は、仁和寺の中門内の西側に植えられています。江戸時代の頃から庶民の桜として親しまれ、数多くの和歌に詠われています。
また、江戸時代の儒学者貝原益軒が書いた『京城勝覧』(けいじょうしょうらん)という、いわゆる京都のガイドブックにも 「春はこの境内の奥に八重桜多し、洛中洛外にて第一とす、吉野の山桜に対すべし、…花見る人多くして日々群衆せり…」と記され、吉野の桜に比べて優るとも劣らないと絶賛されています。 そして大正13年に国の名勝に指定されました。

御室桜と言えば五重の塔をバックに見上げたアングルが有名ですね。
林の南西の突き当たりには、写真を撮る人がたくさん…
私も撮ってみました😁

f:id:yomurashamroch:20210409112859j:plain
白い雲海に五重塔が浮かんでいるようで壮観です。

御室桜の特徴
御室桜は背丈が低く2メートルほどです。
一説には粘土質の土壌のため、土中に酸素や栄養分が少なく、桜が根をのばせないためではないかと言われています。
f:id:yomurashamroch:20210409113116j:plain

人の目の高さほどなので、ソメイヨシノのように見上げるのではなく、1つ1つの花を間近に見ることが出来る珍しい桜です。

f:id:yomurashamroch:20210409113321j:plain
こんなにアップで撮るのも楽々

昔から、「わたしゃ おたふく 御室の桜 はなが ひくても 人が好く」と歌われてきました。
花(鼻)が低い=お多福 ということで、花と鼻が掛詞になっているのですね。
丈が低いため、眼前で花を楽しめるのも人々に愛されてきた理由のひとつです。
f:id:yomurashamroch:20210409113713j:plain

川端康成は、小説「古都」の中で『御室の桜も、一目見たら、春の義理がすんだようなもんや。』と書いています。
こんなに美しく親しみ深い桜が咲いているのなら
毎年見ないと何か大事なことを忘れたような物足りない気持ちになりそうですよね。
かく言う私もその一人。今年も春の義理を果たせました。
f:id:yomurashamroch:20210409114140j:plain
f:id:yomurashamroch:20210409114247j:plain


f:id:yomurashamroch:20210409114503j:plain
散り初めということでしたが、散った花びらが絨毯のようで、これはこれで美しい…


f:id:yomurashamroch:20210409114551j:plain
f:id:yomurashamroch:20210409114624j:plain
この日は4月8日。お釈迦様の誕生日をお祝いする花祭り。花御堂にお祀りした誕生仏に甘茶をかけてお祝いします。

f:id:yomurashamroch:20210409114717j:plain
f:id:yomurashamroch:20210409114751j:plain
フォトスポット用の花御堂も備えられ、誕生仏になりきって写真を撮る人の行列が…


f:id:yomurashamroch:20210409114834j:plain
御室ツツジも見頃を迎え、鮮やかなピンク色が新緑に映えていました。


f:id:yomurashamroch:20210409114926j:plain
桜からツツジへ季節も移ろってゆきます。

仁和寺境内は、石段やゆるやかな坂道はあるものの、比較的歩きやすいです。
ただ、桜林は土の道なので、雨の日はぬかるみ滑りやすくなっています。写真の撮影に夢中になって転ばないように足元に気をつけて下さいね。今回は桜林周辺の散策のみだったので1時間ほどでした。仁和寺内には、御殿、霊宝館などもありますので、そちらもご覧になりたい方はお時間に余裕をみてお越し下さい。

嵐山の絶景穴場スポット亀山公園へ

f:id:yomurashamroch:20210404174104j:plain
日本でも有数の景勝地 京都嵐山には桜の名所がたくさんあります。
有名なのは渡月橋南端から阪急嵐山駅までにある中之島公園。こちらは渡月橋を借景に嵐山を臨むことができる絶好のビュースポット。飲食店もたくさん並び、いつもたくさんの観光客で賑わっています。
あまり知られていませんが、嵐山にはもうひとつ桜を満喫できる穴場の絶景スポットがあります。それが渡月橋の北端から大堰川沿いに西へ500メートル程進んだ先にある亀山公園です。適度な起伏に富んだ園内は、京都らしい自然の美しさを堪能出来る知るひとぞ知る公園です。
コロナ禍の今、人混みを避けつつ京都の春の美しさを満喫したい方は、この亀山公園を訪れてみてはいかがでしょうか?

亀山公園への行き方(亀山公園のふもとまで)
JR嵯峨嵐山駅から徒歩15分
京福嵐山駅から徒歩約14分
阪急嵐山駅から徒歩約20分
トロッコ嵐山駅から徒歩約5分

亀山公園の場所
嵐山公園 亀山地区
075-414-5326
https://maps.app.goo.gl/iqGY3n8GBHAXsCZs8

1.嵯峨嵐山駅から渡月橋
今年は史上最も早く桜の開花と満開が観測されたとか。ぼやぼやしてると桜の一番良い時季を逃してしまう!ということで、例年より1週間ほど早くお目当ての桜スポットを目指しました。
実はこのスポット、1ヶ月ほど前にたまたま訪れて、これは桜の季節には絶対素晴らしい眺めが見られそう!と確信し、タイミングを待っていた場所です。

今日のスタートはJR嵯峨嵐山駅
コロナ前の同駅は、中国人を始めとする外国人観光客で、平日でもごった返していました。
しかしコロナ禍の中、様相は一変。2回目の緊急事態宣言を受け、冬の嵐山は地元の人が散歩する姿ぐらいしか見かけられませんでした。その後、3月1日から緊急事態宣言は解除され、春休み、桜の季節も手伝ってか一時よりはだいぶ観光客の数も戻ってきました。
とは言え私が通りかかった時の嵯峨嵐山駅は閑散としていました
f:id:yomurashamroch:20210404174448j:plain

嵯峨嵐山駅の南側の出口から出て、嵐山方面を目指します。
途中のカフェにはマスク姿の石像
f:id:yomurashamroch:20210404174547j:plain

午前10時頃の京福嵐山駅前の長辻通りは、まだそんなに混雑していないなぁ、と思ったら
f:id:yomurashamroch:20210404175008j:plain

ミッフィー桜ベーカリーは開店前から人だかり。映えそうなおしゃれなパンを求めて若い人が楽しそうに待っています。
f:id:yomurashamroch:20210404174852j:plain

2 渡月橋から亀山公園へ
長辻通りを南下して、渡月橋の手前を川沿いに西へ曲がります。
渡月橋の向こうに見える嵐山は、満開の桜の木と常緑樹とのコントラストが映えて、絵のような美しさです。
f:id:yomurashamroch:20210404175106j:plain

ところで、この辺りの川の呼び方ですが、一般的に渡月橋の上流を大堰川(おおいがわ)、下流桂川と言いますが、亀岡から渡月橋までの川下りは保津川下りと呼ぶし、どうなってるの?と思って調べてみました。
明確な境界線はありませんが、保津峡辺りから渡月橋までが「保津川」(ほづ がわ)、渡月橋 周辺で「大堰川」、その下流で「桂川」となり、さらに下って、鴨川・木津川・宇治川と合流して「淀川」(よど がわ) となる。
ということだそうです。
更にややこしいことには、保津川の上流では、再び「大堰川」となり、さらに上流では「桂川」、さらに上流では「上桂川」と呼ばれています。
大堰川桂川が、何度も出てきますが、これらは通称で、行政上の表記は、すべて桂川に統一されるそうです。
保津川下りの船頭さんのブログによると
桂川の総延長は京都府下随一の長さなのです。~略~流域地域の生活に密着してきた川だけに、‘桂川’という統一名は上流地域では馴染めないらしく、~略~その地域によって使い分けられているのです。」
ということだそうです。

さて川沿いを西へ500メートルほど進みますと、
f:id:yomurashamroch:20210404175213j:plain

右手に亀山公園の入り口をしらせる石碑があります。地元では亀山公園と呼ばれ親しまれていますが、正式には「嵐山公園 亀山地区」と言います。ちなみに渡月橋の東側に広がる通称中之島公園も正式には「嵐山公園 中之島地区」だそうです。
Wikipediaによると、公園内の高台にある亀山天皇を含む3天皇の火葬塚にちなんで、亀山公園と通称されるそうです。

3 様々な石碑や歌碑が点在
階段を少し上がると、右手に「周恩来詩碑」があります。周恩来氏が京都留学中に嵐山で作ったといわれる「雨中嵐山」という詩が刻まれています。
f:id:yomurashamroch:20210404175317j:plain


この近くには「角倉了以像」もあります。戦国時代から江戸時代初期にかけての京都の豪商で、私財を投じて大堰川高瀬川を開削した人です。高山彦九郎像、坂本龍馬像とともに京都三代銅像の一つと言われています。私が写真を撮っている横で地元の方でしょうか?お母さんが高校生ぐらいの娘さんに「学校で習ったやろ?高瀬川作った人やん!」と話しておられました。


更に上へ登って行くと、園内には小倉百人一首の歌碑があちこちに点在しています。
小倉百人一首を編纂した場所と伝えられ、また歌の中にもたびたび登場する小倉山。亀山公園は、この小倉山山麓の東南に位置します。いにしえの都人が歌に詠んだ地がまさにこの辺りなのだと思うと、何とも言えぬロマンを感じますね…
f:id:yomurashamroch:20210404235113j:plain
f:id:yomurashamroch:20210404235152j:plain


4 いよいよ桜の絶景ポイントへ
園内にはその他にも梅や桜の咲き乱れる児童公園に遊歩道、ベンチなども整備されており、坂道は多いものの四季折々の風光明媚な自然を堪能できる絶好の穴場スポットです。
f:id:yomurashamroch:20210404235318j:plain
f:id:yomurashamroch:20210404235402j:plain
f:id:yomurashamroch:20210404235448j:plain


中でも一番のお勧めは、山頂付近にある展望台です。保津峡渓谷を見渡し、保津川を一望することが出来ます。
f:id:yomurashamroch:20210404235609j:plain

タイミングが合えば、保津川下りの船や河岸を走るトロッコ列車も見下ろすことが出来、また向かいの山の斜面には大悲閣千光寺も臨め、その斜め下の河岸には星のや京都のホテル群も。春の桜、秋の紅葉はもちろん、四季折々の美しい自然が堪能出来る隠れた絶景ポイントです。
f:id:yomurashamroch:20210404235832j:plain


展望台は3ヶ所あり、それぞれ違う角度から保津峡渓谷を楽しめます。
f:id:yomurashamroch:20210404235926j:plain
f:id:yomurashamroch:20210405000011j:plain
f:id:yomurashamroch:20210405000043j:plain


一般にこの辺り一帯を嵐山と呼びますが、
嵐山ってどの山のことなのかな?と思い調べてみました。
Wikipediaによると
「嵐山(あらしやま)は、京都市西部にある標高382メートル (m)の山。また、大堰川(おおいがわ)を挟んで西側の松尾山・嵐山・鳥ヶ岳の嵐山三山と、東側の小倉山・亀山、さらにはその麓を含んだ地域を一般的に嵐山と称し、山麓は多数の寺社が立地する観光名所でもある。」
f:id:yomurashamroch:20210405000133j:plain
渡月橋と嵐山。中央右側のピークが嵐山。
ということでした。
渡月橋の南西側の山が嵐山ということですね。

この嵐山、標高はさして高くないものの、40度の急斜面です。
ブラタモリ京都嵐山編によると…
「急斜面なのでそこに生える木の一本一本がしっかりと見え、嵐山の遠景を美しくしていたのです。
嵐山周辺の人々はしっかりと根を張って土砂崩れを防ぐ桜やモミジを嵐山の急斜面に植え、嵐山の景観を守ってきました。」
のだそうです。
それで嵐山の桜や紅葉は色とりどりで美しいのですね~納得です。
f:id:yomurashamroch:20210405001811j:plain

おまけですが、一番奥の展望台を過ぎて更に道なりに進むと、かの小倉山の登り口付近に出ます。
f:id:yomurashamroch:20210405000646j:plain

体力に自信のある方は、小倉山登山にもチャレンジしてみてはいかがですか?
登り口から小倉山の展望スポットまでは約20分。
京都市内が一望出来る更なる絶景スポットが点在しています。

5 亀山公園から竹林の小径へ
さて、大堰川付近の南出口から入った亀山公園をたっぷり満喫した後は、北出口から出て、有名な嵯峨野の竹林へ向かいます。
f:id:yomurashamroch:20210405000806j:plain



北出口から道なりに北へ進むと左手に大河内山荘が見えて来ます。
f:id:yomurashamroch:20210405000951j:plain

Wikipediaによると、
大河内山荘(おおこうちさんそう)は京都市右京区嵯峨にある日本庭園。時代劇などで知られる俳優大河内傳次郎が別荘として造営した回遊式庭園である。」とあります。入場料は1000円と少しお高めですが、入場者には抹茶と茶菓子のサービスがあります。


今回は時間の関係で大河内山荘はパスして、右手の竹林へ向かいます。コロナ前は外国人観光客がわんさといて、皆写真を撮っていましたが、今日歩いていたのはほぼ日本人。写真を撮っている人もいましたが、そんなに多くはありません。とは言え、まっすぐに天高く伸びる無数の竹の姿は、清々しい美しさに溢れ、神秘的ですらあります。
f:id:yomurashamroch:20210405001029j:plain


竹林の小道を東へ進むと、右手に天龍寺北門が。言わずと知れた世界遺産臨済宗天龍寺派大本山である天龍寺
f:id:yomurashamroch:20210405001116j:plain

名勝嵐山や渡月橋、亀山公園などもかつては天龍寺境内地でした。夢窓疎石作庭の
曹源池庭園を始め、境内の大方丈などの禅寺様式の建物や、法堂の天井に描かれた「雲龍図」など見どころ満載ですが、こちらはまた別の機会に譲ります。

更に道なりに東へ進むと、左手に野宮(ののみや)神社が。
f:id:yomurashamroch:20210405001157j:plain

木の樹皮がついたままの黒木(くらき)の鳥居が珍しいですね。
野宮神社はその昔、天皇の代理で伊勢神宮にお仕えする斎王(皇女、女王の中から選ばれます)が伊勢へ行かれる前に身を清められたところで、源氏物語「賢木の巻」にも斎王と光源氏との悲恋が美しく描写されています。
 えんむすびの神様、子宝安産の神様として全国から崇敬を集め、嵯峨野巡りの起点として多くの方が訪れる人気のスポットですが、こちらもまた別の機会に紹介したいと思います。

野宮神社を横目で眺めつつ、竹林を東へ進むと、長辻通りに出ます。この通りはたくさんの飲食店やお土産屋さんが立ち並びます。この日は平日でしたが、若者グループの春休みの旅行でしょうか?沢山の観光客で賑わっていました。

JR嵯峨嵐山駅からこちらまで、亀山公園を中心に写真を撮ったり休憩したりしながら歩き、1時間10分余りかかりました。

長辻通りや中之島公園周辺、天龍寺野宮神社二尊院などの神社仏閣などの定番の観光スポットを巡るだけでも充分楽しめる嵐山ですが、それとはまた別の自然の美しさを楽しめる亀山公園も四季の移ろいを感じられる素晴らしいスポットです。新しい嵐山の魅力を再発見出来ること請け合いです。是非しっかり歩けるスニーカーを履いてお越し下さい。